欅坂46・櫻坂46用語集

欅坂46用語集

欅坂46・櫻坂46にまつわる言葉をまとめて解説しています。

あ行

青空とMARRY
欅坂46のユニットの1つ。菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐、元メンバーの志田愛佳の5人で構成。青空は自らが歌った「青空が違う」に由来。MARRYはメンバーの下の名前の頭文字をとっており、いずれ結婚したらお祝いしあおうという意味も含まれている。ゆいちゃんずに次ぐ、4曲を担当した主力ユニット。現在でも「青空が違う」をライブで披露することが多い。

アニラ
欅坂46のアニバーサリーライブの略語。毎年デビューシングル発売日である4月6日付近に行われる。2020年の4thアニラは新型コロナウイルスの影響で中止。乃木坂46のバスラ(バースデーライブ)に相当する。乃木坂46のバスラはDVD化されているが、欅坂46のアニラは一度もDVD化されていない。

アンビバレント
欅坂46の7thシングル。作詞は秋元康、作曲は浦島健太、TETTA。アンビバレントは本来心理学の用語で、「1つの対象に相反する感情を持つ」という意味。センターは平手友梨奈。略称は「アンビバ」。

156(いちころ)
欅坂46のユニットの1つ。読み方は「いちころ」。上村莉菜、尾関梨香、小池美波、原田葵、元メンバーの長沢菜々香、米谷奈々未で構成。ユニット名は尾関の発案で、構成メンバーの平均身長が四捨五入すると156㎝だったところから。持ち歌の「バレエと少年」はライブで披露することが多い。

SOL
TOKYO FMで放送されている「SCHOOL OF LOCK!」の略称。この中に内包されていた番組である「GIRLS LOCKS!」の3週目パーソナリティを元メンバーの平手友梨奈が務めていた。

円陣
坂道シリーズのグループがライブ前に行うもの。キャプテンが声をかけ、グループごとに決まった掛け声を全員で叫ぶ。テレビなどでよく紹介される。欅坂46の掛け声は「謙虚、優しさ、絆、きらきら輝け、欅坂46、はい!」である。なお、欅坂46ではこの円陣とは別に、より小さくまとまって、副キャプテンの守屋が声をかける円陣もある。これは欅坂46のみ実施。

大沼スタイル
「欅って、書けない?」において、大沼晶保の反復横跳びを始める際の体勢が不思議だったことから名付けられた。

尾関スタイル
「欅って、書けない?」において、尾関梨香の走り方などがおかしいことから、尾関の不思議な挙動・言動につけられた名称。

お見立て会
事実上のファンへのお披露目会。自己紹介などを行い、その後握手会を行う。「見立て」は「見て選ぶ」という意味であり、自己紹介などを見て握手相手を選ぶという意味が含まれていると思われる。ただし、欅坂2期生のお見立て会では、握手相手を抽選で決めるかたちがとられた。なお、「見立て」にはいくつかの意味があるが、遊郭で使われていた歴史もあるので、対人で使う場合には注意が必要である。

おもてなし会
新メンバーが特技などを披露するイベント。欅坂(けやき坂)の伝統行事である。これは新メンバーに場数を踏ませるという意味で、乃木坂46の「3人のプリンシパル」と同様の位置づけのイベントだと考えられる。なお、両イベントの内容はまったく異なる。

か行

風に吹かれても
欅坂46の5thシングル。作詞は秋元康、作曲はシライシ紗トリ。スーツ姿で踊るダンスが特徴で、「笑わないアイドルが笑った」という売り込みがなされた。ただし、これ以前のパフォーマンスで必ずしも笑みがないわけではない。センターは平手友梨奈。略称は「かぜふか」。

ガラスを割れ!
欅坂46の6thシングル。作詞は秋元康、作曲は前迫潤哉。MA-1の衣装で踊るのが特徴的なロックテイストの楽曲となっている。1期生21人が最後にそろった曲でもある。センターは平手友梨奈。略称は「ガラス」または「ガラわれ」。

がんばりき
菅井友香の持ちセリフ。「頑張る」と菅井の好きな馬からとった「馬力」を組み合わせている。馬が立ち上がったときの前足の形を模したポーズとセットで言うことが多い。正確には「100万馬力で~、がんばりき~!」である。「頑張るぞ」・「頑張って」両方の文脈で使われる。かなり初期から使っている、菅井の代名詞。

キャプテン
欅坂46メンバーの代表。現在は菅井友香(初代)。当初、欅坂46ではキャプテンを置いておらず、それが欅坂らしさと言われていた部分もあったが、3rdシングル発売後に菅井のキャプテン就任が発表された。乃木坂46、日向坂46とは異なり、「副キャプテン」を置いていることも特徴。副キャプテンは守屋茜。

キャロい
「かわいい」という意味の造語。特に元メンバーの平手友梨奈に対して使用する。もともと、守屋茜が「キャロライン」をかわいいという意味で使っており、ブログでこれを最初に使ったのが平手とともに写った写真だったため、主に平手に対して使うようになった模様。このキャロラインの形容詞が「キャロい」である。「キャロてち」などのかたちで使われることも。なお、本来「キャロライン」は外国人の名前としてよく出てくるもので、かわいいという意味はない。

黒い羊
欅坂46の8thシングル。作詞は秋元康、作曲はナスカ。ワンカット風で、非常にシリアスな雰囲気のMVとなっているのが特徴。歴代のシングル曲の中では、披露回数が非常に少ない曲である。センターは平手友梨奈。

けやかけ
「欅って、書けない?」の略語。詳細は「欅って、書けない?」の項目を参照されたし。

欅共和国
欅坂46(および当時のけやき坂46)が2017年以降、毎年7月ごろに富士急ハイランドのコニファーフォレストで行っている野外ライブ。けやき坂46が日向坂46になって以降は、欅坂46の単独ライブである。メンバーが観客に放水などを行う、開放的な演出が特徴的。毎年DVD化されている。2020年は新型コロナウイルスの影響で実施見送りに。

欅坂46(けやきざか・ふぉーてぃーしっくす)
乃木坂46に続く、坂道シリーズ第2弾として結成された。オーディション時は「鳥居坂46」という名称だったが、合格者お披露目の際に「欅坂46」への改名が発表された。2015年8月から活動を開始し、2016年4月6日に「サイレントマジョリティー」でデビューし、当時の女性アーティスト初週売り上げ歴代1位記録を更新した。

欅坂46 こちら有楽町星空放送局
欅坂46の冠ラジオ番組。ニッポン放送系列で放送されている。レギュラーパーソナリティとパートナーメンバー1人という構成が基本である。初代パーソナリティは平手友梨奈、2代目は長濱ねる、3代目(現在)は尾関梨香である。尾関パーソナリティ時代から30分番組に拡大された(それまでは20分)。略称は「こち星」。

欅って、書けない?
欅坂46の冠バラエティ番組。関東ではテレビ東京で放送されている。MCは土田晃之と澤部佑(ハライチ)。通常企画のほか、ライブレポート、選抜・ポジション発表も行われる。略称は「けやかけ」。

欅坂46のオールナイトニッポン
不定期で放送されている。「こちら有楽町星空放送局」(こち星)はデビュー前に行ったこの番組の好評を受けて作られたもので、「こち星」の前身番組とも言える。

KEYABINGO!
欅坂46の冠バラエティ番組。日本テレビ系列で放送。「欅って、書けない?」と異なり1クールごとの編成である。MCはサンドウィッチマン。現在4まで放送されている。ただし、4は当時のけやき坂46単独出演である。

けやみみ
欅坂46ファンクラブ限定コンテンツとして配信されているラジオ番組の名称。欅坂46のデビュー4周年記念企画として始まった。出演メンバーは2人ずつで、同じ組み合わせで2回連続で行うのが基本フォーマットである。基本的には火曜日・金曜日の週2回配信。けやみみは「欅坂46の少し耳を貸してくれませんか」の略だが、正式名称はあくまで「けやみみ」である。

個握(こあく)
個別握手会の略。forTUNE musicで販売されている限定CDに付属した握手券で握手を行う。全国握手会とは違い、握手券とメンバーが紐づいており、握手したいメンバーを指定してCDを購入する。また、メンバーごとに枠数、人数制限があるため、購入を申し込んでも必ず買えるとは限らない。ミニライブはなく、メンバーが私服なのも特徴である。一般的に、全国握手会よりも握手できる時間がやや長い。「個握の枠が完売するか」・「完売までのスピードがどれくらいか」はメンバーの人気を図る一つの指標となっている。

小池セゾン
二人セゾンで小池美波が代理センターを務めるときのファンからの通称。狭義では、2018年夏の全国ツアー最終公演での二人セゾンのことを指す。同公演中、平手友梨奈が誤ってステージから転落し、病院へ運ばれるハプニングが発生。このため、転落以降のパフォーマンスではセンターを空けるかたちがとられた。二人セゾンに関しても、ソロダンス代理を行ったことのあるセンター横ポジションの原田葵が休業中であり、同センター横ポジションである小池はソロダンスパート未経験だったため、ソロダンスなしでのパフォーマンスとなる予定だった。しかし、小池が突然アドリブでソロダンスを踊り、ファンはもとより、メンバーも驚かせた。この行動について、小池はのちに「葵とずっと一緒にいたし、てち(平手)のソロダンスをそばで見てきたから、それを守りたかった」(欅って、書けない?#154)と語っている。

こち星
「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」の略語。詳細は「欅坂46 こちら有楽町星空放送局」の項目を参照されたし。

ゴチャ・まぜっ天国!
MBSラジオで放送されているラジオ番組。土生瑞穂がレギュラー出演している。

五人囃子
欅坂46のユニットの1つ。石森虹花、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂、元メンバーの織田奈那で構成。ユニット名は土生の発案で、ひな祭りの五人囃子のように盛り上げられる存在になれたら、というところから。プログレッシブバンドに「四人囃子」というのがあるが、無関係。

さ行

サイレントマジョリティー
欅坂46のデビューシングル。作詞は秋元康、作曲はバグベア。元ネタはアメリカのニクソン元大統領がベトナム戦争時に語った言葉だと思われる。センターは平手友梨奈。略称は「サイマジョ」。

坂道研修生
坂道合同オーディション合格者のうち配属が決まらなかったメンバーの名称。2019年に研修生単独で東名阪ツアーを実施。2020年2月に全員の配属先が決まった(1名辞退)。欅坂には6名が「新2期生」というかたちで配属され、2期生は総勢15名となった。現在メンバーはいない。

坂道合同オーディション
2018年6月に始まった、乃木坂・欅坂・けやき坂の3グループ合同のオーディションである。同年11月に合格者がそれぞれ乃木坂4期、欅坂2期、けやき坂3期として配属された。合格しながら配属が決まらなかったメンバーもおり、希望者は坂道研修生として引き続きレッスンを実施。東名阪ツアーも行い、2020年2月に追加メンバー(新○期生)として各グループに配属された。

ザ・ヒットスタジオ(火)
MBSで放送されている深夜の音楽ラジオ番組。通称・ヒット火。ザ・ヒットスタジオ自体は月~水の帯番組だが、各曜日で内容が全く異なる。火曜日はフリーアナウンサーの吉田照美と欅坂46の小池美波が、昭和歌謡をメインにかけながら、様々なコーナーを行っている。

Seed & Flower 合同会社
欅坂46の運営会社。日向坂46も同社が運営している。欅坂46を脱退した平手友梨奈も引き続き同社に所属している。名称から「種花」と呼ばれることもある。

じいや
菅井友香、関有美子の家にいると伝わる執事。菅井家と関家による権力行使は彼によって行われることが多い。狙撃から反復横跳びの回数改ざんまで、仕事は幅広い。

ジャッキー
土生瑞穂の愛用しているぬいぐるみ。土生のアフレコの演技が毎回変わるため、多重人格者扱いをされている。

少女フレンズ
欅坂46のユニットの1つ。尾関梨香、上村莉菜、渡辺梨加、元メンバーの長沢菜々香の4人で構成。長沢がブログやSHOWROOMで、長沢・上村・梨加の3人が仲が良く、このトリオの名前は「フレンズ」だと紹介していたところと関連があるのではないかという説もあるが、真偽は不明。

SHOWROOM
坂道グループ御用達のライブ配信サービス。コメントを書き込めるため、メンバーが視聴者と会話を行う形での配信が多い。複数人で行う場合はゲームなどの企画を行うこともある。また、写真集の発売や重大な発表がある場合は、SHOWROOMにおいて特別番組が放送されることも多い。アーカイブシステムがないため、生で見る必要がある点に注意が必要である。

世界には愛しかない
欅坂46の2ndシングル。作詞は秋元康、作曲は白戸佑輔。1番冒頭、2番冒頭、アウトロに入るポエトリーリーディングが特徴的である。センターは平手友梨奈。略称は「せかあい」。

全握(ぜんあく)
全国握手会の略。CDショップや通常の通販で購入したCDに付属している握手券を使って、好きなメンバーと握手をすることができる。1握手券は握手1回分だが、同時に複数出して長めに握手することもできる(握手時間は並んでいる人数、スタッフの主観に左右される)。また、握手券がある限り、人数、回数に制限はない。個別握手会とは異なり、1つのレーンに2人のメンバーがいる場合もあり(ペアレーン)、この場合は両方のメンバーと握手をするかたちになる。ミニライブも開催されるが、このライブを見るのにも握手券1枚が必要である。メンバーは原則制服。

線香姉妹
欅坂46のユニットの1つ。小林由依と土生瑞穂の2人で構成。ユニット名は線香姉妹の楽曲である「302号室」のMV監督発案で、乃木坂46内のユニット「からあげ姉妹」(生田・松村)に由来するが、なぜ線香なのかは不明。

た行

TAKAHIRO
欅坂46楽曲の振り付けを担当している振付師、ダンサー。本名は上野隆博。欅坂46に関してはステージ演出なども行っている。欅坂46以外にも様々な人物への振り付けやイベント演出を行っている日本を代表する振付師である。欅坂メンバーやファンはTAKAHIRO先生と呼ぶことが多い。

血塗れ不協和音(ちまみれー)
2017全国ツアー最終公演ダブルアンコールでの不協和音を指す。平手が自身のソロ曲である「自分の棺」を歌った後で一度姿を消し、ほかのメンバーが布を切り裂いたり、灰をぶちまけたりする中、再び現れるも胸を銃で撃たれ、出血して倒れる演出がなされた。その直後に不協和音が始まり、平手は途中で血糊を顔に擦り付け、最後まで踊りきった。アイドルとは思えないシリアスな演出、平手の狂気をも感じさせる表情でファンに強烈なインパクトを残した不協和音であった。「血みどろの不協和音」など、いくつか言い方があり、定まったものは無い。

チャプチェ/チャプ
菅井友香のニックネーム兼役職の1つ。「欅って、書けない?」において、菅井が「キャプテン」を「チャプテン」と噛んでしまい、それを志田愛佳が「チャプチェ」と聞き間違えたことからニックネームとなり、同時に「初代チャプチェ(チャプテン)」にも就任した。韓国料理とは関係ないが、その後菅井の写真集「フィアンセ」のプロモーション企画の一環としてチャプチェづくりを行っている。

ちょこっとやってまーす!
MBSラジオで以前放送されていた土曜深夜のラジオ番組。土生瑞穂がレギュラー出演していた。現在は「あっぱれやってまーす!~土曜日です~」となっている。土生は「あっぱれやってまーす~土曜日です~」に3回出演したあと、同局の「ゴチャ・まぜっ天国!」に移籍した。

てち
平手友梨奈のニックネーム。「ひらてちゃん」→「ひらてち」→「てち」となったようである。「てちこ」という派生形もある。

東京ドーム公演
単に「ドーム公演」「ドーム」とも。2019年、夏の全国アリーナツアーの追加公演として行われた東京ドームでの公演。9/18、9/19の2日間行われた。欅共和国以外では初めて、ライブがDVD化された。

とーやま校長
TOKYO FMのラジオの中の学校「SCHOOL OF LOCK!」(SOL)の2代目校長(=メインパーソナリティー)。またの名は、お笑いトリオ「グランジ」の遠山大輔。2020年3月をもって、10年務めた校長職を退いた。欅坂の熱烈なファンであり、ライブにもよく参戦している。中でも「エキセントリック」が好きで、雑誌などのインタビューでは延々とエキセントリックだけを語っているときがある。SOLの内包番組であった「平手友梨奈のGIRLS LOCKS!」では、番組後の受けというかたちで平手にツッコミを入れたりしてファンを喜ばせていた。最近はベランダにハトが住み着いている。

な行

長澤まさみ
尾関梨香のモノマネレパートリーの1つ。「欅って、書けない?」でのモノマネ企画で披露した。首をかしげ、笑い声という名の奇声を上げるもので、モノマネとして成立しているのかいぶかしむ声もある。しかし、明石家さんまの前で披露して、笑いは取った。尾関はこれを披露した後、姉に「アイドルが何をしているんだ」と怒られたようで、本人は黒歴史だと語っている。

長濱ねるのオールナイトニッポン
長濱ねるの卒業イベント後に放送された特別番組。現時点では、長濱最後のメディア出演の場になっている。

虹彦先生
「欅って、書けない?」にたびたび登場している心理アナリスト。名前は亜門虹彦。番組内では愛嬌のある言動から「かわいい~」という歓声があがることもしばしば。MCの土田晃之が勝手につくったケヤキ坂46(カタカナケヤキ)のメンバーの1人で、同メンバーでもある土田は相方と呼んでいる。

ぬいぐるみ企画
「欅って、書けない?」でお蔵入りになった企画。メンバーに愛用のぬいぐるみを持ってきてもらい、いろいろやってもらう企画だったが、内容があまりにカオスで放送できないと判断されてしまった。しかし、傑作選や総集編のかたちで一部は放送されたことがある。

は行

ハーブさん
土生瑞穂によく似たテンガロンハットをかぶったキャラクター。「欅って、書けない?」で、土生が自ら考えた番組を放送することになり、その番組でお悩み解決の達人として初登場した。以来、同番組にたびたび登場している。日本人とアメリカ人の両親を持ち、ルー大柴のような日本語と英語を混ぜた話し方をするが、英語の使い方は怪しく、実質ほぼ日本語である。「YES, I ハブ!」が決め台詞。父親の名前はハブ・ニャリ。

発煙筒事件
2017年6月24日の全国握手会において、平手友梨奈・柿崎芽実のレーンに並んでいた男が発煙筒に火をつけ、取りおさえられた事件。男は果物ナイフも持っており、そのまま警察に引き渡された。平手はこの事件以降、握手会への欠席が大幅に増えることになる。また、翌日も同会場で個別握手会を実施し、その後しばらく平手の出席を前提に握手会を開催し続けた運営には批判の声も上がった。グループにとっても、平手にとっても、その後の活動に与えた影響は甚大なものだったと考えるファンが多い。

けやき坂46(ひらがなー)
欅坂46の姉妹グループとして結成されたグループ。現・日向坂46。呼び方は「ひらがなけやきざか46」である。欅坂オーディションの最終審査に参加できなかった長濱ねるが特例で欅坂に参加することになった際、いきなり欅坂所属では他メンバーが納得しないだろうということで、長濱の別活動のためにつくられた。当初は欅坂(漢字欅)のアンダーという色合いで曲も欅坂のカップリング曲としてのみ発表していたが、徐々に独自色を強め、2019年2月に日向坂46に改名。同年3月に「キュン」でシングルデビュー。当時は「ひらがな」「がなちゃん」などと呼ばれていた。

平手友梨奈との約束
SOLの内包番組であった「平手友梨奈のGIRLS LOCKS!」の最終回で、平手が生徒(リスナー)に呼びかけた約束。具体的な内容は番組の意向を尊重し、記載しない。平手の思いがつまった約束であり、文字起こしでは伝わりきらないものがあるメッセージであった。

FIVE CARDS(ファイブカーズ)
欅坂46のユニットの1つ。上村莉菜、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐、元メンバーの長沢菜々香の5人で構成。由来は不明。持ち歌の「僕たちの戦争」はライブ常連曲。

不協和音
欅坂46の4thシングル。作詞は秋元康、作曲はバグベア。紅白で2度(厳密には3度)披露された欅坂46の代表曲である。激しいダンスと心身を消耗させるパフォーマンスから、「魔曲」などと呼ばれることもある。センターは平手友梨奈。略称は「和音」。

副キャプテン
欅坂46独自の役職である。現在は守屋茜(初代)。3rdシングル発売後に守屋の副キャプテン就任が発表された。

二人セゾン
欅坂46の3rdシングル。作詞は秋元康、作曲はSoichiroK、Nozomu.S。セゾンはフランス語で「季節」という意味である。センターは平手友梨奈。略称は「セゾン」。

ぺーちゃん
渡辺梨加のニックネームの1つ。梨加が飼っている猫の名前が「ぺーちゃん」であることから、なぜか本人も「ぺーちゃん」と呼ばれるようになった。「ぺー」と省略して呼ばれることもある。

ボロ
齋藤冬優花の愛用しているぬいぐるみ。長年の愛用により、ボロボロになってしまっていることからボロと呼ばれている。現在では、文字通り首の皮一枚で頭と胴体がつながっている状態である。

ぽんぽん
「欅って、書けない?」での小林由依のニックネームの1つ。山﨑天のニックネームとして「てんてん」があるという紹介がされた際に、「パンダの名前みたい」と小林がツッコんだのをMC澤部が拾い、「じゃあぽんぽんにする?」と言ったことから誕生した。言われると小林がキレるというのがお決まりの流れである。

ま行

マタドール
本来は闘牛士のことであるが、欅坂関連で使われる場合は「二人セゾン」のパフォーマンスの一部分を指す。具体的には、「日常を輝かせる」という歌詞の部分で、横を向きながら上げていた腕を振り下げる際に、手をスカートに引っ掛け、わざとスカートの裏地の赤色を見せることである(参照)。これは鈴本美愉が始めたもので、のちに多くのメンバーが練習して披露しているが、鈴本のマタドールが一番きれいだと評するファンが多い。なお、実際に客前で披露するようになってから始まったものであるため、MVでは見られない。赤色の布がひらひらする様子と、闘牛士が牛に赤色の布を見せる様子とが似ていることから「マタドール」と呼ばれるようになったようである。

真っ白なものは汚したくなる
欅坂46の1stアルバムである。4thシングルである「不協和音」までのシングル各曲と新規曲が収録されている。ジャケットの写真は渋谷駅で撮影されている。

や行

ゆいちゃんず
欅坂46のユニットの1つ。小林由依と元メンバーの今泉佑唯の二人で構成されたフォークデュオ。ユニットでは最多の5曲を担当した主力ユニット。

ゆうがたパラダイス
正式名称は「はんにゃ・金田と欅坂46と日向坂46のゆうがたパラダイス」である。ゆうがたパラダイス自体はNHK-FMで放送されている帯番組だが、日替わりで番組が異なっており、欅坂メンバーが出るのは月曜日のみである。パーソナリティははんにゃの金田哲。金田に加えて、欅坂、日向坂メンバーが2名ゲストとして参加するというのが基本構成である。略称は「ゆうパラ」。

ゆかのすけ
レコメン!(文化放送)での菅井友香のニックネーム。ただし、パーソナリティであるオテンキのりが菅井を呼ぶ場合、8割がたは「菅井さん」である。なお、ほかの曜日の坂道メンバーには、なぜかこのようなニックネームのつけ方はしていない。(加藤史帆=かとし、田村真佑=真佑ちゃん)

ゆっぴーまん
レコメン!(文化放送)での菅井友香のニックネーム。菅井本人が考えたものだが、現在はほぼ使われていない。一部ジングルでは使われており、ごくたまに流れることがある。

有美子会長
関有美子の「欅って、書けない?」内のニックネームの一つ。関が同期メンバーの武元唯衣をかわいがる「(2期生版)唯衣ちゃんを愛でる会」の会長であることから名付けられた。同企画内でお嬢様疑惑が持ち上がったことも、会長というニックネームになった要因だと考えられる。なお、「唯衣ちゃんを愛でる会」は1期生内にもあり、そちらの会長は菅井友香である。

吉村崇
お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」のボケ担当。欅坂46に共演NGを出している。これは「欅って、書けない?」に出演した際の欅坂メンバーのリアクションが悪かったことが原因であるが、その後「NG撤回企画」で「欅って、書けない?」に出演している。なお、この企画では「NG撤回はまだ保留」となった。また、欅坂メンバーが個人仕事で非冠番組に出る際は普通に共演しており、「NGはあくまでグループに対してであり、メンバーとの共演は構わない」と語っている。現在の天敵は山﨑天。

ら行

レコメン!
文化放送系列で放送されている夜の若者向けワイド帯番組。22時~25時放送で、24時からは全国ネット。24時台は、坂道メンバーがオテンキのりとともにWパーソナリティを務めている。欅坂からは菅井友香が出演しており、月曜日を担当。なお、実際は23時45分ごろから出演している。

わ行


Twitterもやっているので、ぜひフォローしてください!