欅坂46のラジオはradikoで聴こう!

欅坂46のラジオはradikoで聴こう! コラム

ニッポン放送の発表によると、坂道関連の2020年2月期のラジオ聴取率は以下だった模様です。(当たり前ですがニッポン放送のみ)

  • 『乃木坂46のオールナイトニッポン』0.3%
  • 『日向坂46のオールナイトニッポン0(ZERO)』0.2%
  • 『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』0.2%
🍭 『乃木坂46のオールナイトニッポン』、全局中の同時間帯で聴取率単独首位に! - Pop'n'Roll(ポップンロール)
『乃木坂46のオールナイトニッポン』が、2020年2月17日〜2月23日に行なわれた「ビデオリサーチ首都圏ラジオ聴取率調査」において、単独首位を獲得した。

ラジオの聴取率は、テレビの視聴率とは異なり、個人の聴取率です(テレビは世帯)。

出し方としては、時間を15分ずつ区切って、その15分にどの番組を聞いたかを調査票を使って調べています。(どの番組も聞いていないという選択肢もある)
※5分毎という情報もあるんですが、よく分かんないです(笑)まあ、どっちかですw

サンプル数は3000人ですが、調査票を返さない人もいるので実際はもう少し少なくなります。

調査エリアは東京駅周辺35キロのようです。
(調査についての詳細はこちら

世帯ではなく個人に聞くため、テレビに比べると聴取率は低く出ます。深夜で1%いくことは基本的にないと思っておいていいぐらいです。

欅坂は「こち星」ですが、0.2%だったみたいです。時間帯を考えれば、及第点という聴取率だと思います(1つ前の番組が0.3%、後ろの番組が0.1%)。また、民放同時間帯首位だったようです。

日向坂はオールナイトニッポンゼロというド深夜で0.2%なので、十分すぎる数字ではないでしょうか。

本題はここからで、4月から聴取率調査の方法が変わるようです。

具体的には、

  • radikoを使ったデータ収集を開始
  • 聴取率調査は紙の調査票から、WEB調査票に変更
    (サンプル数・調査エリア拡大)

です。

「ラジオデータ」次のステージへ | ニュース || 株式会社ビデオリサーチ
メディアデータ、マーケティングデータの提供、広告効果測定、及び市場調査、ネットリサーチなど、お客様のマーケティング課題に対し、国内からグローバルへ、トータルサポートする、株式会社ビデオリサーチ。

今までの聴取率調査は、2か月に1回、偶数月の第3週の1週間のみを対象にしていました。よくラジオ番組が「今週はスペシャルウィーク!」とやったりしますが、あれは聴取率調査対策です。

それがradikoを使うことで、毎分の聴取率が分かるようになります。

一応従来の聴取率調査も形を変えて続きますが、おそらくradikoのデータのほうがよりリアルなので、そちらが重視されるようになるのではないかと思います。

このradikoのデータは通常の聞き方に限るのか、タイムフリーも含まれるのかはよく分かりませんが、今後はradikoでどれだけ聞かれているかが非常に重要になってきそうです。

つまり!

欅坂を応援する1つの方法として、「radikoで欅坂メンバーが出る番組を聞くこと」が有効ということです!

「欅坂が出ると聴取率が上がるな~」となれば、オファーも増えるかもしれないし!

ラジオを聴くのが苦でない方は、ぜひradikoを聴いて欅坂を応援しましょう~!


Twitterもやっているので、ぜひフォローしてください!